一番借りやすい消費者金融

消費者金融で見られる審査のポイントって?

★折角申し込んだのに審査で否決とかマジ辛い

 

消費者金融からお金を借りるためには審査に通過しなければなりません。

 

審査に通過するためにも消費者金融の審査ポイントについて知っておきましょう。審査ポイントは主に3つ挙げられます。

 

信用情報にキズがないかどうか

金融会社を利用することになれば「信用情報」が必ず関係してきます。

 

信用情報という言葉を聞いたことがあるけれども詳しく知らないという方も多いのではないのでしょうか。信用情報とは、今まで金融会社を利用した履歴や現在の借り入れ状況など、金融会社に関係することがすべて記載されているものです。

 

もしあなたが過去に利用したことがあればその利用履歴がすべて残っています。昔、金融会社とトラブルを起こしたのであればそのことも、返済に遅れてしまったこともすべてです。信用情報にキズがあればそれだけで審査に落ちてしまうことがあるので注意しておかなければなりません。

 

個人でも自分の信用情報のみ確認することができるので事前にどのような情報が載っているのかチェックしておくことも良いでしょう。

 

返済能力の有無があるかないか

お金を借りるとき、その人は必ず返済してくれる能力があるのかどうか、収入があるのか確認されます。申し込みに記載された収入からみて融資額に見合っているのであればそのまま希望通りに借りることができますが、もし難しいだろうと判断されれば融資額が下がることもあります。

 

無職やあまりにも収入が不安定な方は審査に通過することはできません。消費者金融もお金を貸して運営をしているので必ず返してくれる人にしか貸すことはできないのです。

 

他社から借り入れをしているかどうか

多重債務者を生み出さないために、“他社から借り入れを行っていないか”消費者金融は確認します。

 

もし他社から借り入れを行っており、まだ返済完了していない場合、その借入額によっては審査に通過することはできないでしょう。完済しているのであれば問題はありません。

 

借りている本人が困らないためにも確認しておかなければならない審査のポイントとなっています。

 

審査に通るかどうか自信がない・・・できるだけ借りやすい所は?
  • まずは大手で顧客を集めている所を狙う
    大手の消費者金融や銀行カードローンでも顧客を積極的に集めている所は審査に通りやすいです。とても低金利なのでまずは限度額を少なめにして大手の会社を狙っていきましょう。
  •  

  • 中小消費者金融は基本的に借りやすい
    大手でダメだった場合に中小消費者金融を狙うのが良いでしょう。条件があまり良くない所が多いですが、より借りやすいです。限度額はやはり少なめにして申し込みをしましょう。

 

大手銀行カードローンでもあっさり審査に通ってしまう事は結構ある事です。三菱東京UFJ銀行カードローンなんかは結構オススメですね。社員が暴露記事で他社借入があってもほぼ通ると言っていました。ただし、さすがに自己破産や債務整理の人は不可ですね。

 

大手消費者金融系も結構借りやすい

 

大手の消費者金融の中では上記のアコムアイフルなんかが今では借りやすいと言っていいと思います。もちろん属性にはよりますが、他社借入があっても通る事は結構あります。やはり限度額を少なめに申し込むというのが良いと思います。

 

中小消費者金融で借りやすい会社一覧

限度額

年率

収入証明書

ライフティ
1,000円〜500万円 4.5%〜18.0% 50万以下不要
キャレント
1万円〜500万円 7.8%〜18.0% 50万以下不要
ユニーファイナンス
1万円〜300万円 12.0%〜17.95% 必要な場合あり
アロー
1万円〜200万円 15.0%〜19.94% 必要な場合あり
エフォート
1万円〜50万円 15.0%〜20.0% 必要な場合あり
アスカ
5万円〜50万円 18.0%〜20.0% 必要な場合あり

一番借りやすいのはやはり中小消費者金融

 

まずは大手を選ぶのが基本ですが、大手で審査に落ちてしまったけど、どうしても借りたいのであれば中小消費者金融を選ぶようにしましょう。中でもできたばかりのライフティキャレントは中小消費者金融の中ではダントツに人気があります。


他社借入があるけど大丈夫?

消費者金融と複数契約中で、新たに申し込みをしようとしている場合には、確かに審査条件としては不利になると言わざるを得ません。

 

申し込み時に自己申告の内容で必ず他社からの借り入れ件数や金額を訊かれると思いますが、ここで1件もないのがもちろん良い条件ですし、件数も金額も少なければ少ないほど良いのは当然のことです。

 

●件数は規定は無い

法律だけの点から言えば、特に何社と契約していようが、実際に何件借りていようがそこに規制はありません。法律で決めているのは年収の3分の1という金額ですので、少ない額でいろいろなところから借りていること自体が規制対象になるわけではありません。

 

法律上問題だという意味ではないということですね。

 

●消費者金融側の懸念

消費者金融からしてみれば、たくさんの会社からお金を借りていて、しかも更に借り入れ先を増やそうとしているということは大きな懸念材料になります。

 

1社の借り入れでは足りないから2社、2社でも足りないから3社と増えて行ったことが想像出来ますので、それだけお金が足りなくて困っていると見えますよね。

 

つまり、多重債務に陥ってしまうケースに一番近いパターンが何件もの他社借入がある状況なのです。それだけに、消費者金融が審査で気にするのが、お金もさることながら他社借入件数ということになるのです。

 

●他社借入があるだけでダメではない

少しでも他社借入があるというだけでもう審査には通らないかと言うと、一概にそういうわけでもありません。2社だからダメ、3社だからダメというようなものではありませんので、複数件あってもその消費者金融が信用に足りる人だと考えれば審査に通ることも十分あります。

 

ただ、やはり極端に件数が多いと審査に懸念が出るのは確かです。もし完済出来る借り入れがあるなら返してしまって契約を切ってから、新たに申し込んだほうが審査に通る確率が上がるでしょう。


消費者金融からお金を借りる流れ

「消費者金融からお金を借りたいけど不安…」「流れってどうなっているの?」と思っている方は多いと思います。

 

初めてお金を借りる方であればなおさらのこと、本当に借りても安心できるかどうか不安な気持ちがあるでしょう。不安な気持ちをなくすためにも、消費者金融からお金を借りる流れについて把握しておきましょう。

 

●申し込みから審査結果

たくさんの消費者金融がありますが、自分が1番安心してお金を借りることができる消費者金融を選び申し込みをすることから始まります。申し込みは簡単です。

 

インターネットで公式ホームページを開き、申し込みページに飛び、必要事項を記入するだけでOK。名前・生年月日・メールアドレス・住所・住居形態・勤務先情報・収入・勤続年数・他社の借り入れ状況などを記入していきます。

 

すべて記入できれば“申し込みをする”ボタンをクリックしてそのまま審査結果を待つことになります。無人契約機(無人機がある会社)で申し込みする場合は指示に従いながら記入し、郵送であれば必要な書類を準備しなければなりません。

 

審査結果はほとんどのところで翌日には分かるようになっています。
メールまたは電話で連絡がくることになるのでチェックできるようにスタンバイしておきましょう。
即日融資が可能となっている消費者金融であれば最短30分ほどで審査結果が分かります。

 

●融資を受ける

審査に通過すればいよいよ融資を受けることができます。即日融資であれば審査に通過次第、すぐに自分の口座に必要なだけのお金が振り込まれることになります。

 

“振り込みました”というお知らせがくればそのまま口座から引き出すことができるでしょう。

 

店頭窓口の場合は直接現金をもらうことができ、急でなければカードが自宅に届けられるまでまってください。カードが届けられればそのカードを使っていつでも融資を受けることが可能です。

 

インターネット完済の消費者金融であれば、インターネットで融資を受けることも返済をすることもできるので非常に便利ですよ。自分の状況によってお金を借り方も変わってきます。


消費者金融の利用に必要な書類

お金を借りるためには“必要な書類”を用意しなければなりません。必要な書類がなければ契約ができませんし、お金を借りることもできません。

 

事前に消費者金融からお金を借りるために必要な書類がどのようなものか確認し、申し込みをする前にあらかじめ用意しておきましょう。

 

●本人確認書類

消費者金融や銀行などからお金を借りるときに絶対に必要になるのが“本人確認書類”です。借りる当人が申し込みをする人と同じであるかどうか確かめることができる書類はかかせません。

 

本人確認書類は、パスポートや身分証明書、免許証、健康保険証が一般的となっています。

 

本物を提出することはありません。コピーを一部用意するだけで良いので急を要するときに申し込みができるように財布の中に一部忍ばせておくことをオススメします。

 

学生がお金を借りるときは学生証が、外国人が借りるときは外国人登録証が必要になるのでその人の状況によって本人確認書類が変わります。消費者金融の本人確認書類はどのようになっているのか利用する前に確認しておきましょう。

 

●収入証明書

まず銀行は収入の1/3以上でも借りることができる“総量規制対象外”となっていますが、消費者金融は“総量規制対象”となっているため収入の1/3以上借りることはできません。

 

よって、お金を借りる金額によっては収入証明書が必要ということになり、消費者金融ではその金額が銀行よりも低くなっている傾向がみられます。ほとんどの消費者金融では50万以上の融資の場合、収入証明書が必要となっています。

 

収入証明書は源泉微収票、確定申告書、税額通知書、給与明細書が挙げられます。

 

役場や勤めている会社に申し出れば入手することができるので融資額が大きい人は準備しておきましょう。消費者金融によってどのくらいの金額から必要になるか変わってきます。5万円とか10万円程度であれば不要な事がほとんどです。

 

必ず利用する前に、自分が借りたい金額が収入証明書が必要になるのかどうか必ず確認してください。必要書類に不備やミスがあればそれだけで審査に通過することはできないので要注意です。